芳香器の種類のNo.1は?

  • 2015.09.03 Thursday
  • 02:28


エッセンシャルオイル(精油)の香りを

お部屋で楽しむ方法はいろいろあります。




簡単なところでは

・ティッシュに垂らして

・お水を入れた容器に垂らして

(その時、お水よりお湯の方が拡散性が高い

 でも、温度によっては精油の熱変化の可能性もある)



・アロマランプ・・ランプの熱で上に垂らした精油を気化させる

・香炉・・キャンドルなどの熱で上の皿においた精油を気化させる

などなど、方法はいろいろ



要は香りを拡散させて楽しむ
芳香浴ですね。




以前は、アロマディフューザーと言えば、
高価でしたが「精油を空気で霧状にして拡散」するエッセンシャルデュフューザーのことでした。



その後、「スチーム加湿器に精油を入れて芳香も加湿も同時にできるんだって〜」

などと言っていたら

あっと言う間にスチーム式の芳香器がシェアを占めるようになってきました。


スチーム式のものはMUJIブランドでもラインアップされて、手軽に買えるようになり

カフェで、家庭で、あらゆるスペースで、白いスチームが噴霧されているのを見かけます。

安全な、熱を使わず超音波の振動で水分を微粒子にして空気中に拡散するタイプもある。

価格も手頃である。

コンパクトで旅行用のもあり、手軽に使えるのがいい


でも、湿気が多い時期は使えないな〜



友人達も皆スチームタイムを家で使っているようだし
と試しに買ってみた。

しかし、狭いお部屋

あっという間に湿度が上がってしまう、、、



用途や部屋の条件に応じて、使い分けていくことになる



突然ですが

私が、勝手に選ぶ

芳香器の種類のNo.1を発表します!!




それは、他を大きく引き離して

このタイプで確定。





「エッセンシャルオイル(精油)ディフューザー」



以前持っていたものは、古いタイプで電気ポンプと本体が別々、

ポンプから太くて固い空気の管が繋がれていて、不安定。

管に足がひっかかり、ガラス部分を割ってしまいました(涙)

ガラス部分は部品購入できるのですが、機能性が高いものに買い替えてみました。



「エッセンシャルオイル(精油)ディフューザー」

精油のみを使い、精油が空気により微粒子になって噴霧されます。

水と一緒でなく、熱も影響せず、精油そのものが空気中に拡散されるので

部屋の清涼感が、全然違います!!



やっぱり、イイ〜♪

全然違う〜♪




過剰な湿気を与えないので、抗菌効果もより発揮できそうです。



デメリットを強いてあげると

・機器自体の価格が他の機器より高い(でも、だいぶ安くなってきました)

・精油を消費する

・ガラス洗浄にエタノール等を使う手入れとなる(精油を原液で使用するので、当然必要です)

ということがあります



しか〜し、



湿気に影響を与えず、精油の良いところどり です。


精油の細かい細かい微粒子を、空気として取り込み、そして肌に浴びている感じです。

まさに、芳香浴ですね。





アロマについては、

精油を生活の中で役立てている、ユーザーの一人として
そして、日本アロマコーディネーター協会 認定インストラクターの一人として
これからも自由に発信していきます♪
 

プロフィール

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
        

最近の記事

カテゴリー

アーカイブス

最新コメント

        

リンク

問合せはこちらから

サイト内の検索.

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM